細胞分裂

雑記

【S8使用構築】鉢巻バンギサイクル【最高2034】

f:id:cellcold:20150317203133p:plain
溢れ出る五世代感

レートインフレシーズンでこの成績は高いとは言えないが、最近更新していないのでとりあえず更新だけしようと思ったのでつらつらと


ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4
バンギラス 拘り鉢巻 ストーンエッジ おいうち かみくだく ばかぢから
ガブリアス ラムのみ げきりん じしん がんせきふうじ つるぎのまい
ロトム 拘り眼鏡 オーバーヒート 10まんボルト ボルトチェンジ めざめるパワー氷
ゲンガー ゲンガナイト たたりめ ヘドロばくだん おにび みちづれ
ナットレイ たべのこし ジャイロボール ステルスロック やどりぎのたね まもる
ギャラドス ゴツゴツメット アクアテール こおりのキバ ちょうはつ どくどく

最近覚えた表を使いたかっただけ
BW以来のポケモンだったのでなるべく五世代の時と変わりなく回せるPTを目指し組んだ構築

以下個別解説

f:id:cellcold:20150317201904g:plain
バンギラス@鉢巻
意地っ張り
201-204-131-*-124-84

最初に採用した構築の軸
鉢巻での火力強化により処理速度が非常に早く、砂でのDが補強できるため安定してサイクルが回せる
弱点を付けるポケモンは勿論、等倍以下のポケモンにもダメージはよく通ったので腐ることが少なかった
しかし、砂での補正は入るとはいえきあいだま持ちのゲンガーには殴り負けるのでゲンガーへの繰り出しが安定せずこの構築の安定性を損ねたと思う
また、じしんを搭載していないのは起点になることを極力避けるためで、ばかぢからも同じようなものではあるが無効タイプに加え特性による無効があるじしんを切った。PTに格闘タイプがいないためかよく飛んでくるポリゴン2に刺さったため正解だったと思う。
その反面、キンシ持ちのギルガルドに勝てず、聖剣読みでゲンガー、ギャラドスに下げるというリスキーなことをしなければならなくなった
その辺を加味して火力は落ちるがメガ石にし打ち分けできるようにするのもありだと思う


f:id:cellcold:20150317201909g:plain
ガブリアス@ラムのみ
陽気
183-182-115-*-106-169

地面枠として採用したがここの枠は最後までチョッキランドと迷っていた
ガブリアスはSの高さ、抜き性能 ランドは威嚇チョッキでのサイクル性能 といったそれぞれの良さがあり、どちらもこのPTにマッチしていたため非常に迷った
最終的には水が弱点ではないことや、サイクルで消耗したポケモンを狩れるSによりガブリアスを採用
道具は状態異常の耐性がほぼ皆無だったためラム
選出率は一番低かった


f:id:cellcold:20150317201919g:plain
ロトム@拘り眼鏡
控えめ
151-*-127-171-127-114

バンギラスとの相性の良さとボルトチェンジ、弱点の少なさで採用
なにも考えずにオバヒぶっぱしてれば強いポケモン
D4振りガブまでならオバヒ2回で飛ぶため受け出しを許さないとまではいけないが、次のサイクルに参加させなくすることができる
ボルトチェンジは無効にされたとしても裏にはきっちりとした受けがいるためスカされたとしてもディスアドにはなるが最小限に抑えられていた
オバヒはずしを1日1回は必ずする芸人枠


f:id:cellcold:20150317201914g:plain
ゲンガー@ゲンガナイト
おくびょう
167-*-80-151-95-178(メガ前)

よくいるHSメガゲンガー
サイクル戦で必ず出てくる重いポケモンをキャッチし処理する枠
バンギの辛いポケモンの大半を狩れるので非常に使い勝手は良かったが、このPTのガルの処理ルートはこいつくらいであったのでこいつが処理する前に消耗してしまうとほぼ負けだった
選出率はトップ


f:id:cellcold:20150317201924g:plain
ナットレイ@たべのこし
なまいき


ギャラと一緒にクッション役として採用 胞子対策もこいつ
こいつは受け出ししても急所にしか当たらないので信用できない
ステルスロックは正直打つ場面が少なかったのではたき、ウィップ、電磁波のどれかにしたほうがいい
D方面に熱く振ることで不意のめざ炎を耐えようとしたが急所で死ぬ
急所にさえ当たらなければやどまもでゾンビが如く回復していく 
ミトムとタイプ的に相性がいいのはこいつくらいだが有効打はなく鬼火で削られるだけであった…


f:id:cellcold:20150317201929g:plain
ギャラドス@ゴツメ
わんぱく
201-145-143-*-120-104

調整はこちらから→
物理方面へのクッション役として採用
受けというよりも威嚇による流しとしての役割のほうが強かった
このPTのささやかなガルーラへの抵抗枠
いまや絶滅危惧種である恩返しガルーラには強いが捨て身ガルーラに対しては削りしか出来ず、先制技がないこのPTでは別の物理受けのほうがいい感じがする
不意のいわなだれでも死にますし…
しかし、威嚇による流し性能は優秀で、スイクンとの差別化につながる
また、最初は電磁波を採用していたが再生技もちポケへの対抗策がこのPTにはなかったため毒毒へ変更 しかしSがクレセより低く挑発が活かせず先制で毒毒を打たれるためSの調整は再考の余地がある
しない場合は挑発を眠るにするのでもいいかもしれない



重いポケモンガルーラウルガモスクレセリアメガルカリオ、メガヘラ
ガルーラクレセはなんとかできるものの、ウルガメガルカに対しては気合いでもどうにもならないほど弱かった ギャラでどうかできなくもないがだいたいステロが撒かれているため結局飛んでゆく
メガヘラは天と地が翻っても無理
無理なポケモンがいるものの安定した勝率がのこせた。さすがに2100には届かなかったけれども(使い手が弱い)いいPTにはなったのではないかと思う

ここまで読んでくださってありがとうございました